こどものカウンセリングにも有効な教材

さんすう教室で使うこぶたさん。
違う使い方も発見!!

「ごっこあそび」
は、心の内を聞き出しやすい事が分かりました。
もしかしたら私、児童相談所のドクター並みに
こどもにカウンセリング出来るかも!!
なんて思ってしまうくらい!!(笑)

私がこれから実施するさんすうは、
基本的に「ごっこあそび」です。

でも、そのごっこ遊びの中で
こども達は自分が学校でされたイヤな事を表現したりなど
「箱庭療法」的な効果もあると先生から聞いています。

言葉があまり上手ではない障がいあるこどもたち。
自分の苦しみを知って欲しいと
思考錯誤しているのかもしれませんね。

実は、私自身はこどもの頃、ごっこ遊びが苦手でした。
今、こどもとのごっこ遊びを通じて
小さい頃に封印していた
心の傷が癒されていくのを感じています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中