こども達を笑顔に導くために、大切にしている事

先日、教室に通うお子さんのママから電話がありました。

「ちょっと待ってね~。こどもに代わるから。」

とおっしゃった後、お子さんが電話口に出て・・・

 

お子さん: 「・・・・・・・・・・・・・・・・(無言)」
私    : 「こんにちは~」
お子さん : 「・・・・・・・・・すき~~・・・」

 

うふふっ!!かわいいっ!!(笑)

「キャ~!!ありがとうっ!!うれしい~!!!」

と返すと、

 

「・・・・・また会おうな~・・・・・・」

「うん、また一緒に遊ぼうね!!」

 

(終わり)

 

 

素直に、すっごくすっごく嬉しい出来事ですっ!!

 

 

また昨日の教室では、保護者の方にこんな風に言って頂けました。

「こどもの状態をすごく的確にとらえてて、その上で発する一言や対応がすごいです」

ありがとうございます!!

大人もほめてもらえれば嬉しいです(笑)

 

 

特別支援教育の世界に身を置いて、6年目に入りました。自分の子は除外した期間です。

これまで、本当に色々なお子さんと接してきました。

 

特に教育委員会での経験は大きく

「どんな生徒さんが来ても大丈夫です!!」と、

自信を持って言えるほどになりました。

 

普通学級も含めて、合計123校の中学生・特別支援の高校生を担当させていただきました。

普通学級の中にいる、支援が必要な生徒さんを担当する事も多くありました。

特別支援と言えば住山さん、というイメージもすっかり定着しています。

 

7dd57bd1160aaac513596699878df453_s

 

お子さんの学習にたずさわる私ですが、あまりこども好きには見えないと思います。

自分から、ガンガンこども達に話かけるという事は、あまりしません。

 

 

支援が必要なお子さんの中には、積極的に接触してくるタイプの人が苦手という子もいます。

それも理由の1つですが、それだけではありません。

 

お子さんをきちんと「観察」するためです。

 

もちろん、人それぞれのやり方があります。

私のやり方です。

 

 

本当に必要な支援は何かを考えながら生徒さんと接しています。

最初であればあるほど、神経を研ぎ澄ませています。

学習が終わる頃には、生徒さんが「自分で出来た!!」と思えように導く事を心がけています。

 

最初の様子を観察し、適切な支援を考えながら学習を進める事。

1日の間にどんどん「出来た!!」が増えて、やる気と自信が育つ様子を観察する事。

生徒さんの成長に寄り添えるのがとっても楽しいです!!

先生の目からウロコが落ちる瞬間を観察するのも大好きです(笑)

 

 

すると、学習が終わったら「楽しかった」と言ってもらえるのです。

先生にも喜んでいただけます。

 

私も嬉しくて楽しいので、また次もやりたくなります。

笑顔がいっぱいです!!

 

 

 

これからは、今までとは違うアプローチ方法で

幸せの連鎖をたくさん増やしていきます!!

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中